3D画像表示ソフトウェア Molcer(無料版)

Molcer(無料)のできること

Molcer は Molcer Plus無料バージョンです。機能は制限されます。

機能 Molcer Molcer Plus
入力
連続断面画像(TIFF, DICOM, JPEG, PNG, BMP)
STL ×
表示(ボリューム/サーフェス)
画像処理・加工 ×
ポリゴン処理・加工 ×
計測 ×
出力
連続断面画像
STL / OBJ/ glTF / glb
動画 ×

Molcer ダウンロード

【注意】Windows 10 をお使いの方へ
インストーラ起動時に「WindowsによってPCが保護されました」という警告ウインドウが出たときは、「詳細情報」リンクをクリックすると「実行」ボタンが表示されます。

Molcer v.1.8.3

ダウンロードしたファイルを解凍(展開)し、出てきたファイルをダブルクリックすると、インストールがはじまります。

動作環境
  • 対応OS Windows 7 / 8 / 10
  • 1GB以上のメモリが必要、4GB以上のメモリを推奨
  • OpenGL 3.3 以上に対応したグラフィックボードが必要
2022/09/27 バージョン1.8.3 リリース
  • いくつかのバグを修正
2021/11/09 バージョン1.8.1 リリース
  • 連続断面画像の読込を高速化
2021/10/01 バージョン1.8 リリース
  • 画面保存機能を追加
  • Z方向画素間隔のない DICOMファイルも読込可能に
  • すべてのダイアログ位置を記憶するようにした
  • 最新バージョン確認機能を追加

STLデータの出力方法(クイックチュートリアル)

STLdata

1 「ファイル」→「連続断面画像を開く」→「画像選択」で、連続断面画像をひとつ選択してください。

STLdata2

2 必要に応じて、「データ設定」でボクセルの解像度を入力してください。

STLdata3

3 デフォルトは、「ボリュームレンダリング」(画面左隅、①に表示)です。これをサーフェィスレンダリングに切り替えます。画面右隅の②をクリックしてください。

STLdata4

4 サーフェィスレンダリングに切り替わりました。

STLdata5

5 「ポリゴン出力」ボタンでSTLに出力できます。

弊社の主力製品です

3D画像解析/処理ソフトウェア Molcer Plus
工業製品から生物標本まで。どんなものでも美しく、快適操作でおみせします。

Molcer Plus は、X線CT画像などのボクセルデータを、計測・加工・解析するためのソフトウェアです。

*フリー版もあります:3D画像表示ソフトウェア Molcer
Molcer Plus パンフレット (v1.8)
粒子空隙解析パンフレット
配向解析パンフレット