X線検査・計測ソフトウェア

過去に受託開発したソフトウェアの紹介です。
各ユーザー向けにカスタマイズしています。

X線CT/透視画像を用いた、工業製品/部品の非破壊検査ソフトウェア

基板のボイド異物検出、部品のクラック欠陥検出、電池の計測と判定、など。
再構成ソフトウェアと検査ソフトウェアを統合することで高速化(*)が可能で、インライン検査にも対応できます。
Deep-learning を用いたソフトウェアも2016年から実施しています。

    • Deep-learning を用いたEVバッテリー自動検査ソフトウェア
    • Deep-learning を用いた不良部品検出ソフトウェア
    • リチウムイオン電池自動検査用ソフトウェア
    • ボイド自動判別ソフトウェア
    • はんだ量自動判定ソフトウェア
    • 医療機器検査用ソフトウェア

etc.

*画像処理(撮影画像から断面画像を生成するCT再構成や、各種計測など)の高速化には、GPU(グラフィックカード)による計算が不可欠です。再構成ソフトウェアと検査ソフトウェアが独立していると、一体化しているときと比べてデータ転送量が大幅に増加し、比例して計算時間も増えます。これは、ライン検査でのタクトタイム(Takt Time)に大きく影響します。

X線CTから得られた3Dデータの測定

特定の部品や標本に特化しています。
3D画像解析ソフトウェア MolcerPlus のカスタマイズで作成することが多いです。

    • 熱交換器用部品自動測定ソフトウェア
    • 電池計測用ソフトウェア
    • 医療用部品自動測定ソフトウェア
    • 素材メーカー向け自動解析ソフトウェア
    • 医療研究機関向け計測ソフトウェア
    • 地球科学研究機関向け半自動計測ソフトウェア

etc.

弊社の主力製品です

3D画像解析/処理ソフトウェア Molcer Plus
工業製品から生物標本まで。どんなものでも美しく、快適操作でおみせします。

Molcer Plus は、X線CT画像などのボクセルデータを、計測・加工・解析するためのソフトウェアです。

*フリー版もあります:3D画像表示ソフトウェア Molcer
Molcer Plus パンフレット (v1.8)
粒子空隙解析パンフレット
配向解析パンフレット