「Molcer Plus」を用いた 3Dプリンタ用ファイル作成の流れ


CT装置

CTスキャンするオブジェクト
オブジェクトのスキャン
CTスキャンするオブジェクト
 ↓

CTデータファイルの出力

再構成ソフト

CTデータファイルの読み込み

 ↓
再構成
CTスキャンデータの再構成
 ↓

連続断面画像(DICOM画像、TIFF画像など)の出力

Molcer Plus

Molcer Plus チュートリアル:3Dコンテンツ・3Dプリンタ ファイル作成

連続断面画像(またはSTLファイル)の読み込み

 ↓
ポリゴンモデルのレンダリング
レンダリングしたオブジェクト
※ボクセルデータから作成するため、一般的なCADデータと違い、エラー(隙間・裏返り面・交差)は発生しない。
※エラーのないSTLファイルならば、同様に扱う事が可能。
 ↓
境界値の設定:ノイズの削減
3Dオブジェクトのノイズ削減
ボクセル加工:不要部分の削除
3Dオブジェクトの不要部分削除
ボクセルフィルタ:スムージング
3Dオブジェクトのスムージング
 ↓
物体/空間分割、ボクセル加工:内部空間の穴埋め
3Dオブジェクトの穴埋め
ボクセル加工:内部空間の作成
ボクセル加工:細い部分を太く、薄い部分を厚くする
3Dオブジェクトの修正
※3Dプリンタ出力用の調整。サポート材や強度による問題の解決。(必要ならば)フィラメントを節約する。ボクセル加工により、内部も自由に編集出来る。
 ↓
削減ポリゴン作成:形状を保持したまま、データサイズを軽減
3Dオブジェクトのポリゴン削減
※出力ファイルが大きすぎて3Dプリンタで読めない・3Dプリンタの分解能より精細すぎる場合の対策。
削減ポリゴン作成:複数オブジェクトの同時実行
3Dオブジェクトのポリゴン切断
※ポリゴン削減により、3Dオブジェクト間に隙間が出来る問題の対策。
 ↓
切断ポリゴン作成:自由平面でポリゴンデータを分割
3Dオブジェクトのポリゴン切断
※3Dプリンタの出力サイズ制限やサポート材出力を減らしたい場合の対策。
 ↓

ポリゴン出力:STLまたはOBJファイル

3Dプリンタ

ファイル読み込み

 ↓
造形
3Dプリンタで出力したオブジェクト