哺乳類

哺乳類
意外なようだが、生命史における哺乳類の出現時期は早い。2億以上前までさかのぼることができる。
じつは、恐竜の登場とたいして変わらない。
哺乳類はじめ脊椎動物は、もっともかたい部分である歯が圧倒的に化石として残りやすい。化石哺乳類研究とは歯と歯が交配して歯を産む物語の追跡だ、という笑えないジョークがあるほどである。

Desmostylus hesperus (デスモスチルス・臼歯 その1)

デスモスチルス・臼歯 Desmostylus hesperus デスモスチルス・臼歯 Desmostylus hesperus

Desmostylus hesperus (デスモスチルス・臼歯 その2)

デスモスチルス・臼歯 Desmostylus hesperus デスモスチルス・臼歯 Desmostylus hesperus

Merycoidodon sp.(ウマの祖先・下顎骨)

ウマの祖先・下顎骨 ウマの祖先・下顎骨 ウマの祖先・下顎骨

Proterotherium sp.(ウマの祖先・下顎骨)

ウマの祖先・下顎骨 ウマの祖先・下顎骨 ウマの祖先・下顎骨 ウマの祖先・下顎骨 ウマの祖先・下顎骨

サメの歯

サメ
哺乳類であるわれわれからするとうらやましいかぎりだが、サメの歯には生涯生え変わり続ける、という特徴がある。
口のなかには何列もの予備の歯があり、ある種のサメは生涯に約3万本以上もの歯を使い捨てる。
サメの歯の化石がみつかりやすいのも納得だ。

サメの歯

サメの歯 サメの歯 サメの歯 サメの歯

虫入り琥珀(コハク)

虫入り琥珀
琥珀とは、樹木の分泌する樹脂が化石になったもの。当時の虫が樹脂に捕らえられ、生きていたときそのままの姿で琥珀中に保存されていることがある。
比較的新しく、化石化していない樹脂はコーパルとよばれ、区別される。

アリ

虫入り琥珀 虫入り琥珀 画像

多足類

虫入り琥珀 虫入り琥珀 画像

アンモナイト

アンモナイト
白亜紀末に絶滅し、化石のみで知られる頭足類(タコやイカ)のなかま。もっとも、絶滅するまで三億年以上、広い海域で繁栄を誇っていたという非常に成功したグループだ。
巻いた殻のなかに隔壁で仕切られた気房をもち、浮力を調節していたと考えられている。
殻の表面をすこし削ると、隔壁と殻の境界部分である縫合線が現れる。複雑な模様を描いていることが多く、分類上の大事な指標とされる。
頭足類についての説明はコラム「頭足類とは?」を参照。

部分化石 Baculites sp.

アンモナイト Baculites アンモナイト Baculites アンモナイト Baculites アンモナイト Baculites

Muramotoceras yezoense

アンモナイト Muramotoceras アンモナイト Muramotoceras アンモナイト Muramotoceras

Cadoceras sp.

アンモナイト Cadoceras アンモナイト Cadoceras アンモナイト Cadoceras アンモナイト Cadoceras アンモナイト Cadoceras

部分化石 Lamberticeras lamberti

アンモナイト Cadoceras アンモナイト Cadoceras アンモナイト Cadoceras アンモナイト Cadoceras アンモナイト Cadoceras

Damesites damesi

アンモナイト Damesites damesi アンモナイト Damesites damesi アンモナイト Damesites damesi

ウミツボミ

棘皮動物 ウミツボミ
古生代末に絶滅した棘皮動物のなかま。
ウニ、ヒトデなどほかの棘皮動物と同様、本体は炭酸カルシウムでできた可変の板で体が覆われている。本体からは円盤が多数つみかさなったかたちの茎が伸び、海底に固着する。この形態はウミユリにとてもよくにている。
ウミツボミを含む棘皮動物一般については、CTでみる棘皮動物の世界 と コラム「棘皮動物とは?」 を参照。

Schizoblastus sp.

ウミツボミ Schizoblastus ウミツボミ Schizoblastus ウミツボミ Schizoblastus

Pentremites sp.

ウミツボミ Pentremites ウミツボミ Pentremites ウミツボミ Pentremites

星砂(底生有孔虫のなかま)

星砂 底生有孔虫
沖縄などのみやげものとして有名なこの星砂、実はふつうの砂ではない。生物起源、くわしくいうと底生有孔虫の一種 Baculogypsina sphaerulata の遺骸だ。
有孔虫としては大きいほうで肉眼でもじゅうぶんにみえること、およびかたちの美しさから、観賞用になるのも納得。
有孔虫の説明については、底生有孔虫の項を参照。

Baculogypsina sphaerulata その1

星砂 Baculogypsina sphaerulata 星砂 Baculogypsina sphaerulata

Baculogypsina sphaerulata その2

星砂 Baculogypsina sphaerulata 星砂 Baculogypsina sphaerulata 星砂 Baculogypsina sphaerulata

底生有孔虫

底生有孔虫
有孔虫は単細胞生物で、炭酸カルシウム(貝殻と同じ)の殻で覆われており、死後もこの殻の部分は長く残る。過去の環境を推定するときに重要な、微化石の一種。
底生有孔虫は、有孔虫のなかでもその名のとおり底生生活を送るもの。

Cycloclypeus carpenteri

底生有孔虫 Cycloclypeus carpenteri 底生有孔虫 Cycloclypeus carpenteri 底生有孔虫 Cycloclypeus carpenteri

Uvigerina akitaensis

底生有孔虫 Uvigerina akitaensis 底生有孔虫 Uvigerina akitaensis 底生有孔虫 Uvigerina akitaensis 底生有孔虫 Uvigerina akitaensis

Calcarina sp.

底生有孔虫 Calcarina 底生有孔虫 Calcarina 底生有孔虫 Calcarina 底生有孔虫 Calcarina

浮遊性有孔虫

浮遊性有孔虫
浮遊性有孔虫は、有孔虫のうち浮遊生活を送るもの。
殻の部分は微化石として大量に見つかる。岩石ができた年代や過去の環境を推定したいときに重宝する。
有孔虫の説明については、底生有孔虫の項を参照。

Globigerina bulloides

浮遊性有孔虫 Globigerina bulloides 浮遊性有孔虫 Globigerina bulloides 浮遊性有孔虫 Globigerina bulloides

Globigerina quinqueloba

浮遊性有孔虫 Globigerina quinqueloba 浮遊性有孔虫 Globigerina quinqueloba 浮遊性有孔虫 Globigerina quinqueloba

Hirsutellla margaritae

浮遊性有孔虫 Hirsutellla margaritae 浮遊性有孔虫 Hirsutellla margaritae 浮遊性有孔虫 Hirsutellla margaritae 浮遊性有孔虫 Hirsutellla margaritae

Globigerinella aequilateralis

浮遊性有孔虫 Globigerinella aequilateralis 浮遊性有孔虫 Globigerinella aequilateralise 浮遊性有孔虫 Globigerinella aequilateralis

Globigerinoides sacculifer

浮遊性有孔虫 Globigerinoides sacculifer 浮遊性有孔虫 Globigerinoides sacculifer 浮遊性有孔虫 Globigerinoides sacculifer

Globoquadrina conglomerata

浮遊性有孔虫 Globoquadrina conglomerata 浮遊性有孔虫 Globoquadrina conglomerata 浮遊性有孔虫 Globoquadrina conglomerata 浮遊性有孔虫 Globoquadrina conglomerata

Menardella menardii

浮遊性有孔虫 Menardella menardii 浮遊性有孔虫 Menardella menardii 浮遊性有孔虫 Menardella menardii

Globigerinoides fistulosus

浮遊性有孔虫 Globigerinoides fistulosus 浮遊性有孔虫 Globigerinoides fistulosus 浮遊性有孔虫 Globigerinoides fistulosus 浮遊性有孔虫 Globigerinoides fistulosus

Fohsella lobata

浮遊性有孔虫 Fohsella lobata 浮遊性有孔虫 Fohsella lobata 浮遊性有孔虫 Fohsella lobata 浮遊性有孔虫 Fohsella lobata

放散虫

放散虫
主に非晶質の二酸化珪素(ガラス)でできた骨格を持つ浮遊性単細胞生物の一グループ。
古生代カンブリア紀から現代にわたり生息し続けている、非常に古い生物群だ。
骨格は微化石として広範囲で産出し、岩石ができた年代や過去の環境を推定するときに利用される。

Spumellaria

放散虫 Spumellaria 放散虫 Spumellaria

Lychnocanoma sp.

放散虫 Lychnocanoma

Theocotylissa fimbria

放散虫 Theocotylissa fimbria

介形虫(貝形虫)

介形虫 貝形虫
体長は数mm以下だが、実は甲殻類(エビやカニ)のなかま。炭酸カルシウム(貝殻と同じ)でできた2枚の殻をもち、その間から付属肢や触角を出して泳いたり歩いたりする。生息域は広く、海水だけでなく淡水にもすんでいる。
殻はやはり微化石となり、当時の環境の推定に役立つ。

Hanaicythere sp.

介形虫(貝形虫) Hanaicythere 介形虫(貝形虫) Hanaicythere 介形虫(貝形虫) Hanaicythere 介形虫(貝形虫) Hanaicythere

Bairdioidea sp.

介形虫(貝形虫) Bairdioidea 介形虫(貝形虫) Bairdioidea 介形虫(貝形虫) Bairdioidea 介形虫(貝形虫) Bairdioidea

Robustaurila ishizakii

介形虫(貝形虫) Robustaurila ishizakii 介形虫(貝形虫) Robustaurila ishizakii 介形虫(貝形虫) Robustaurila ishizakii

Cythere omotenipponica

介形虫(貝形虫) Cythere omotenipponica 介形虫(貝形虫) Cythere omotenipponica 介形虫(貝形虫) Cythere omotenipponica 介形虫(貝形虫) Cythere omotenipponica

Neonesidea sp.

介形虫(貝形虫) Neonesidea 介形虫(貝形虫) Neonesidea